奇跡の音色

非常に難しい楽器として有名なオーボエを独学で学べる頼もしい教材を見つけました。

 

オーボエの難しさは音です。

 

美しい音がなかなか出ずに苦労されてる方が多いと聞きます。

 

私は、趣味でホームページを作っていますが、ちょうど映画音楽を紹介してるサイトを作っていた時にすばらしいオーボエの曲に出会い、美しい音色に魅了されました。

 

ご存じの方もいるかも知れませんが、こちらの曲を聴いて見てください。

 

 

こちらは、「ミッション」という映画のテーマソングで「ガブリエルのオーボエ」という曲になります。

 

映画の内容はまったく知らなかったのですが、初めてこの曲を聴いた時に、この美しい音色に感動して涙があふれました。

 

すごい楽器があるものです。

 

 

この曲を弾きたい!と思いましたはが、このオーボエは、管楽器の中でも1位2位を争う程の非常に難しい楽器であることがわかりました。

 

なんでも難しさでは、ギネスにも認定されてるとかで、もう意味すらわかりません。^^;

 

これまで、私は、ピアノ、ギター、バイオリンと様々な楽器にチャレンジしてきましたが、まったく芽が出ず、そんな人間がオーボエなんて出来るはずがありません。

 

それならば、オーボエに興味があり、これから学びたいと思っている才能のある方々に私の想いを託したいと思います。

 

是非ともこの素晴らしい曲にチャレンジして欲しいと思い、この度、オーボエの教材をご案内したい思います。

 

オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座 3弾セット

 

紹介させて頂くのはこちらの教材です。

 

 

恐らく、ご覧の方の中には、ご存じの方もいるかと思います。

 

紹介されてる方が多く、またオーボエの教材自体が少ないので、ネットで探してれば、すぐに見つけることが出来ます。

 

音大でも採用されてる教材とのことで、本当にオーボエの教材って少ないんですね。

 

私は、基本的には、教室に通った方が良いと思ってるタイプなのですが、オーボエの場合は、指導してる所が少ないという特殊な事情もあるようで独学でやるしかありません。

 

こちらの教材も完全に独学で学べるような構成になっています。

 

今回の教材は、DVDが主体の映像教材なので、かなり教室に近いかたちで学べると思います。

 

①まずは見る

映像で講師の演奏を見ながら拭き方を学びます。

②そして聴く

自分の耳でしっかり良い音と残念な音を聴き比べ、正しい音を学んで行きます。

独学なので、自分が演奏する音の良し悪しは自分で判断しなくてはいけません。非常に重要なポイントになります。

③真似る

楽器を使用した練習です。映像で見た拭き方と良い音を出す実践練習になります。

 

 

公式ページの内容を見て頂ければわかるかと思いますが、基礎から応用まで3部構成で全46レッスンと充実した内容になっています。

 

1レッスンは、わずか760円程度となり、しかも何度も見直すことができます。

 

非常に安いです。^^

 

私は、子供の頃、ピアノ教室に通っていましたが、月に3万程度かかっていました。

 

先生から止めた方が良いと言われ止めました。^^;

 

そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、事実です。^^;

 

苦い思いです。

 

独学であればこのような事はありません。

 

誰にも束縛されず、何も言われることもなく、とにかく自由というのが、独学の一番のメリットです。

 

やってみて、どうしもて無理そうだなと思えば、やめることもできます。

 

逆に下手くそであろうが、ずっと続けることもできます。

 

わたしも独学でピアノをやっていれば、傷つくこともなかったかもしれません。 ^^;

 

いずれにしましても、目標を持って取り組むことです。

 

「ガブリエルのオーボエ」。

 

是非、この美しいメロディに素敵な音色を!

 

 

 

補足事項

 

これからオーボエを購入予定の方。

 

是非、先にこちらの教材を準備してください。

 

教材の中で楽器の選び方や非常に重要なリードの選び方を解説しています。

 

正しい知識を身に着けてから購入されることをお勧めします。

 

さらに専門店などの紹介した冊子もありますので、教材の購入を申し込む時に備考欄に「選び方セット希望」と書き添えてください。

 

公式ページでは、Q&Aの方でアナウンスされてますのでお見逃しなく!